有限責任中間法人 日本アマニ協会

アマニについて

アマニに含まれるα-リノレン酸は体内で生成されない必須脂肪酸

アマニには植物の中でも最も多い、100g中 24.7g というα-リノレン酸が含まれています。このα-リノレン酸は、食が飽和状態にある我々に不足している栄養素として、重要項に挙げられています。
α-リノレン酸は、オメガ3系の必須脂肪酸のひとつで、体内合成ができないために、食品から摂取しなければなりません。昔から日本人は、主として青魚(鰯、マグロ、さば)等からこのα-リノレン酸を摂取していましたが、食における魚離れのため、現代の若い人達には特に不足していると考えられる脂肪酸です。

α-リノレン酸の効果

動脈性疾患に効果が認められているEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、α-リノレン酸から体内で合成されます。 総じて、オメガ3系の脂肪酸には、アレルギー性疾患を改善し、脳細胞を活性化する一方、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞・高血圧などの予防に効果があり、体内からの異物に対して体を守る免疫機能の改善および促進にも働きがあると、数々の論文が発表されています。(カナダアマニ協会発行; "Flax-A Health and Nutrition Primer")さらに、健康にとって重要な点は、オメガ3系とオメガ6系の摂取の比率にあると一部には指摘されています。理想的な比率は1:4であると発表されており、我が国の厚生労働省第六次栄養所要量の中でも1:4の比率が推奨されています。


n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸

この2つの脂肪酸群はそれぞれにヒトの体調を整えるために重要な機能を持っていますので、どちらかに偏ることなくバランスよく摂取する必要があります。しかし 欧米化の傾向が強くなった現代の日本の食生活においては、n-6系脂肪酸が含まれる食材が多く、n-3系脂肪酸を摂ることが少なくなってきました。厚生労働省の発行する「日本人の食事摂取基準(2010年度版)」では、n-3系脂肪酸の摂取目安量を2.0g以上摂取するようにすすめています。


食品に含まれる脂肪酸の比較


copyright Flaxseed Association of japan(FAJ) all rights reserved.